<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

-

c0029442_13472217.jpg

お父さんの大嫌いな拘束ミトン。
急病で、また入院中です。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-28 13:47 | 日々のあれこれ | Comments(0)

。。

本気で泣きそうな(実際に泣いた)数日間をすごしています。
泣いてる場合ではないので頑張っていますが

退院前日に病院から電話がかかってきて
「尿が自力ででない状況だから尿カテーテルを入れて、尿バックを付けての退院になります。」との事。
退院を喜んでいたのに一気に暗くなりました。

お義母さんが尿カテーテルを亡くなる何年も前から入れていたので、基本的な事や状況も判ります。
カテーテルを無理やりに抜くと尿感裂傷となり、大変な事になる事も知っています。
痴呆のある父親に尿カテーテルはどう考えても無理な事だと思う。
絶対に抜くでしょう!

退院前に泌尿器科の先生から説明を受けて、尿の勢いを良くするお薬を前日から飲み始めた事を聞きました。

かなり効果が高いお薬だという事。
入院前は自力で尿が出てた事。 
よって、自力ででる可能性が高い。
と説明を受けましたが、薬が効くのにはやはり日にちがかかるとの事。

入院時の様に手足を縛れるわけじゃないし、尿カテーテルを入れても、「絶対に抜管すると思うの無理だと思います」と、先生に訴えました。
「尿が出るまでの数日間、入院をさせてください。」と言ってもみました。
先生も抜管が一番怖いと言い、循環器科と泌尿器科の病棟へ確認もしてくれましたが、体自体は入院が必要な訳ではないし、見守りの為だけの入院は無理だとこの事。
で・・仕方なしにカテーテルを入れたままで退院。

ずっと、管を気にして気にして、引っ張ったりしてるので、その度になだめて気にしないように言ったり、外しちゃダメな事を言い聞かせるが、父親に解る訳はなく。。
とりあえず、夕飯を食べさせて部屋のベッドに寝せる。

すぐに寝たので、自宅に帰り子供のご飯を食べさせてしてから、2時間後位に泊まる為の毛布を持って父親のもとへ。
真っ暗でまったく部屋の様子が判らないので、明り取りにするべく洗面所の電気を付けるとビックリ仰天!
洗面所に尿バックが有った!
すぐに父親を起こし、様子を見たけど、なぜか?痛がる事もなくどこに傷もなく、無事でした。
安心はしましたが、すぐに病院に電話して、救命救急センターへ。
診察の結果、どこに傷も付いていないし、尿管にカテーテルが詰まってもいないので、危機的状態ではないという事で、やっぱり入院は叶わず、カテーテルは付けないで帰される。

次の朝、おむつを見ましたが、尿は出ていない。
早速行かせたデイサービスでも出なかった。
夕方頃、これ以上出ないのはまずいだろうと、尿を出してもらうために救命センターへ行きました。
やっぱり入院は叶わず帰される。

そして、尿が出ないって問題だけではなく、2週間の入院の影響で痴呆が激しく進み、エレベーターの使い方、自分の部屋の場所など、すっかり忘れ果てて・・
でも、外には相変わらずに出るし・・・
そんな状態を見て、事務所の責任者からは退去をしてほしい雰囲気がビンビンと伝わって来るし
やんわりとではあるけど、言われるし。。。

ここは高齢者向け住宅ってだけな所です。
介護保険を使っての介護や世話はやってくれるけど、介護施設では全くありません。
だからこその自由が有る訳で。
父親の様に足が丈夫で痴呆徘徊が出てくると、絶対無理があるのは判ります。
退去を言われるのは仕方ない事だと判ります。

もう~問題があり過ぎて、土曜日はかなりメソメソと泣いていました。
でも、泣いててもどうにもならないしで・・
日曜日に近くのグループホーム2軒に飛び込み見学に行ってきました。
グループホームに入れば、父親から私の家に来る事は無くなるけど、やっぱり近い方が良いと思います。
遠くだと会いに行く回数はどうしても減ると思うし。

そんな中・・日曜日に尿が出ました!
今度は嬉しくて泣きました!

でも、痴呆、徘徊の問題が・・。

‘父親にとって幸せな場所’+‘私にとって都合のよい所’がバッチリと一致して(現在の所の様に)、そこが空いていれば良いのですが
・・難しいです。

もう・・すぐにでも退去してほしい雰囲気がバンバン伝わってきて、ツライ。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-22 22:22 | 親の事など | Comments(0)

小さな城下町でした。

っていうか・・この間から一体何なの?!
そのいとこの子のベッド横には実家近くのお宮の神官さんが動脈瘤で入院してた!
あまりの偶然にビックリです。

ビックリ、ドッキリですが
とは言いながら・・懐かしいなあ。

そこは、北斗七星を御祭りしてあるお宮で、「北斗さん」と言われて親しまれています。
全国区になりつつある?「寒北斗」って美味しい冷酒は北斗さんから命名されたもの。

父親はそのお宮の総代もしてたし、私も境内でよく遊んでたな。
本宮は階段が100段以上あるその上にあって・・
じゃんけんして、「グリコ」とか「チヨコレイト」とか言って、その階段で遊んでたっけ。

いとことそんな話をしながら・・
子供の頃の風景や遊び場がどんどん思い出されて本当に懐かしい。
(いとことは一回りほど離れているので一緒に遊んだ記憶はないですが、よく子守はしてもらっていたらしい。。)

私の家のすぐ横には祇園様もあって、「おぎょんさん」って言ってましたね。
その「おぎょんさん」も素晴らしい遊び場だったな。
そして、家の近くにはお寺も山ほどあって、色んなお寺の境内でもよく遊んでました。

「人さらい」って言う言葉はありましたが、子供が外で遊んでも全然不安じゃなかった時代でしたね。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-17 00:26 | 日々のつぶやき。。 | Comments(0)

退院決定!

今週の金曜日に退院が決まりました。

今日も行くと寝てて・・無理やり起こして、退院の報告すると、目がバッチリと開きました!
そして、「嬉しくてたまらない。」と目をキラキラ♪
どうも・・ずっと病院から出られないと思っていたみたいです(^_^;)

また、それからが少し大変で、「帰る帰る」とまた言いだした(-_-)
看護婦さん、ごめんなさい。。。

***

入院した日の救命救急センター以来にいとこに会う。
子供は時々熱を出すそうですが、どんどんと元気になって行ってるみたい。
五分五分と聞いていましたが、本当はもっと悪かったそうで、数日は危篤状態だったらしいです。

現在、一般病棟の2人部屋にいますが、
「帰るな」とか「泊ってくれ」とうるさいとか。。
そんなないとこの話を聞いて・・「33歳の男子がなんて事!」ってちょっと呆れましたが
今の子供ってそんなもの?
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-16 23:58 | 親の事など | Comments(0)

ニワトリの絵を逆さに・・・

昨日と今日、面会に行っても寝ている父親。
夜に起きているらしい。
退院にてから大丈夫かな?

そういえば、赤ちゃんの昼夜逆転に、ニワトリの絵を描いて逆さに張っているといいって言うよね。。。
張ろうかしら?(^^ゞ

******

いとこの子、大部屋に移動。
順調に回復しているみたいですね。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-14 23:00 | 親の事など | Comments(0)

快方へ・・

検査結果が良いとの事で、お医者より呼び出しがかかりました。
POST ICUには変わらずにいますが、高度な機械のあるベッドからは解放されていました。

レントゲン撮影の結果、肺の中はとっても綺麗になったそうです。
まあ、心臓弁膜症は変わらずに悪いそうですが、手術するまではなく・・
また、手術するリスクの方が高いそうで・・もうそれは仕方ないですね。
で、来週中にも退院が出来るとの事。
思ってたよりも早かったです。

リハビリでは、今日から歩いたそうです。
初日って事で、歩行器を使ったそうですが、ふらつく事もなくしっかりした足取りだったとの事。
安心しました♪

で・・なんと! 父親の隣のベッドには今日ICUから移ってきた‘いとこの子’が居ました!
あの時・・かなりの重症で50%の確立だと言われたそうですが、無事だったんですね!
良かったです!

その子とあったのは多分10年ぶりくらいかな。。(その子のお祖父ちゃんのお葬式で、子供の時ぶりに見た)
結構ハンサムな子だった気がするですが、その面影がなかった・・・(-_-)

***

入院したので、現在 介護保険をつかっていないし
介護保険で介護シューズを買おうかと思って、ケアマネに電話しましたが
「介護シューズは自費で買って下さい。」との事。
以前、お義父さんやお義母さんの介護シューズや杖を介護保険で買った記憶がたしかにあるんだけな~。。
数年前に、介護ベッドなどが使えるのも介護認定が引き上げられたし、どんどん厳しくなっているんでしょうね。

歩き出したし・・とりあえず、今日は介護スリッパだけ買いました。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-12 23:39 | 親の事など | Comments(0)

部屋移動

入院して丁度1週間目の父親。
心不全もだいぶ良くなり、現在は引き続き肺炎の治療中の中、昨日に一般病棟へ変わりました。

が・・循環器科・一般病棟の「POST ICU」って病室。
面会時間もかなり減り、入室にも必ず許可がいるし、今までいた高度治療室って病室より管理が厳しいんですけど~(-_-)

この病院の循環器科にはお義母さんが入退院を繰り返していたけど、以前は「POST ICU」なんて、病室はなかったな~。
病院も変わってきてるのね。

ここ2~3日、やっと「帰る帰る」って言わなくなりました。
「どこも悪い所はない」とは相変わらずに言ってますが、入院を納得してるみたい?です。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-12 12:18 | 親の事など | Comments(0)

北海道直送

c0029442_2348642.jpg
c0029442_23481591.jpg
大変に美味しゅうございました!!!!!
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-08 23:49 | 日々のごはん | Comments(2)

FUAN.

電話のベルが怖い。
病院からの連絡じゃ?・・・って、ドキドキしてしまう。
多分大丈夫だとは思いながらも、「80歳過ぎての肺炎なので、絶対に大丈夫!とは断言はできませんが」って先生の言葉もあったし、やっぱり不安で落ち着きません。
母も兄も寝込むことなく、ある日突然に亡くなってしまったから・・・こんなドキドキは初めてです。
旦那さんの親の時とはやっぱり全然違うものですね(-_-)

父親に会いに行くと、ベッドを起こされていました。
今日も「帰る帰る」を延々と言っていました。
手と胴体を拘束されたり、」「帰ろう帰ろう」を繰り返す父親を見てると涙がジワジワと出てきます。

その内にリハビリの先生がやってきて、リハビリも開始。
歩くのはまだ許可がおりていないって事で、「ベッドの上で座る」「床に立ち上がる」をしました。
体調もあるからでしょうが、1日寝込んだ(っていうか、無理やり寝かされた)だけで、少しふらついている父親。
高齢者は怖いです。
でも、リハビリ体制はとてもしっかりしている病院なので、病気さえ良くなれば元通り元気に歩けるようになるでしょう。
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-06 21:58 | 親の事など

久しぶりに、クタクタ。

2日前くらいに父親の呼吸の音に・・アレ?と思い
昨日、やっぱりオカシイと思いましたが、かかりつけのクリニックが木曜は午後休診。
本人はいたって平気そうだったので、今日の朝から行ってきました。
6~7年前に心不全になった事があり、その時の呼吸の音と似ていたんです。

結果、心不全と肺炎。
思ってたよりも悪い症状にショックでした。

一番の診察をねらって、クリニックには8時半過ぎに行ったのですが、検査や諸々に手間がかかり、救急車で総合病院に着いたのはお昼前でした。
当然ですが、また一から検査、病室に入ったのは3時頃だったかな。
80歳過ぎてからの肺炎は怖いって事で、高度治療室へ入室。

高齢者は肺炎をきっかけに体が急激に衰える事が多いそうで・・
「出来るだけ、以前と同じ状態になって帰せるように頑張ります。」ってお医者は言ってくれました。
本当に、それを願うのみです。

それから、タクシーの乗り、クリニックに車を取りに行ってから自宅へ帰る。
とにかく、今日送るべき荷物は送らなきゃ!と仕事開始。
後の事は子供に頼んで、入院準備や買い物。
面会時間終了19時の30分前にやっと病院に戻れました。

絶対そうなるとは判っていましたが、点滴などの管をぶち切ったので、手と体を拘束されていました。
お義父さんの時にも見た光景ですが、自分の父親のそんな姿はやっぱり堪えますね。
帰る帰る・・って、動けない体をモゾモゾ・ジタバタしながら繰り返す言葉を聞くのもツライです。
自由気ままに暮らしていた父親にとって、ツライ数週間になりますね。

入院の場合は1日仕事って解っていますが、さすがにクタクタ。。。
昨日から痛い、頭と首も大変にツライ。

****

3時間ほど居た救命救急センターの待合室でしたが
一体何なんだ!?!?って、驚愕。

まず、マネージャーを見かける。
すぐにどこかに行ったので、向こうは私に気づいていない。
かなり元気そうで、それは良かった。

その後、いとこと会う。
長男が心不全で救急車で運ばれてきたそう。
救命救急センターに着いて、診療中に自発呼吸が出来なくなり
何か、かなり悪いらしくICUに入ったみたいです。

そして、実家のかなり縁ある人の名前を耳にする。
家族の顔を見ると何となく見覚えもあるし、間違いない。
その後、父親と同じ高度治療室に同じく入室していました。
腎盂炎だそうで、数日経ったら一般病棟に変るそうです。

マネージャーに会ったのは別にして・・
同時刻に縁深い3名が同じ救命救急センターに運ばれてくるって状況は一体?!?

そういえば・・
お義父さんが肺炎で運ばれた時も、お義父さんの甥が同じ時に同じ所に運ばれてました!
こういうのって・・・何なんでしょう?
[PR]
by whitefield_m | 2010-02-06 00:34 | 親の事など

インスタグラムと連動しました。


by maki
プロフィールを見る
画像一覧