アニメや映画の存在。

ハチミツとクローバー 第1巻
ハチミツとクローバー 第2巻

100円レンタルのお店があるので、
アニメの「ハチミツとクローバー」を2巻借りてみる。
「とても丁寧に作ってある」と評判が良かったので。。

あの独特の空気感は中々良くでてたし、よく出来てました。
スピッツやスガシカオの挿入歌も雰囲気出ててよかったです。
でも・・3巻以降は、もういいかも。。。

元々は・・‘漫画読み’の私なので・・
自分の読んでたマンガがアニメ、もしくはドラマになったものを見る事はよくありました。

マンガとは内容も雰囲気もまるで違ってしまったら・・
これは、何?!・・と思うけれど
マンガと、何もかもが一緒でも 「・・・?」とか、思ってしまう。

‘登場人物が、天然色で動いてる!!!’・・って嬉しさはあるけれど、
やっぱり、自分のイメージとは違ってるわけだしね。

これは、完璧な我儘ですが・・
アニメ・ドラマにする意味は?
新たなFAN開拓? 本売上の相乗効果?!
・・ちょっと、色々考えてしまった。

で・・
リンク繋がりで、全く興味がなかった映画「ハチミツとクローバー」の公式サイトに足を踏み入れる。

イイ!!!!!
かなり、イイ雰囲気です!!!!!
ドキドキしました!!!
わたしの「ハチクロ」のイメージは、アニメより映画の方がしっくり来るかもです。

そして、‘はぐちゃん’役の‘蒼井優’の身長がかなり気にかかっていたのですが、
‘蒼井優’、か~な~り イイです!!!

その他、‘竹本’と‘リカ’以外のイメージもかなり良かったです!
動いて、セリフを言うと・・どうなるかは判らないし
あの公式サイトの空気感が、そのまま映画の空気感になるかどうかも判りませんが。。
公式サイトの空気感そのままだったら・・見に行きたいかも!!

アニメと違い、映画では・・
マンガにはない、映画独自のエピソードや登場人物などもあるでしょうね。。
でも、あの世界観の中で行なわれるのであれば・・納得できるかも。。


[PR]
by whitefield_m | 2006-06-21 23:45 | 映画・本・TV