引き続き鑑賞中。

ドラマ「大奥」中々面白いですね。
毎回泣きながらw見ています。
役者さん達がとっても上手い!!!
だから、面白い!!!

家光役の田部ちゃんが予想のはるか上を行くうまさでビックリした。
横からチラ見してたTみも感心してました。
この先、家光は立派な上様になっていくけれど、田部ちゃんの演技なら安心ですね。

当然原作よりも誇張されて描かれていますが、原作でも人でなしの春日が さらに人でなしでw少々気の毒ww
原作では春日の回想がちょこちょこあったので、人でなし度が和らいでいたしね。
亡くなる前の闘病時に春日メインの回を作って、生い立ちから大奥の入るまでの回想を一気にやるんだろうね・・・って予想。

***

原作を読んでて、自分の中での名シーンや名台詞があまりドーンって感じじゃなかったら、寂しい。
心の中で考えてる言葉も台詞で言ってしまう事も多いし、ドラマの見せ方としては仕方ないのかな?

原作で、家光がお夏と床を同じくする時に言った一言「さて」
(ああいうところがよしながふみは凄い!)
あれはもう・・・ほれぼれする凄い台詞だと思ってたのだけど、ドラマでなかった!
あ~~やっぱり難しいのかなあ。。。

そして、有功が「私は貴方を母にさせて差し上げる事が出来なかった」っていう独白もドドーンと来てたのだけど
思いのほか、普通な台詞になってたな。。。

その反対に、家光が突然に有功の寝所に現れた時の原作にはない台詞「夢やろか」は超よかった。
っていうか、堺さんの演技が絶品でした。
[PR]
by whitefield_m | 2012-11-17 18:21 | 映画・本・TV | Comments(0)

たま~に更新しています。


by maki