チェーザレ。

前から気になっていたマンガをレンタル。

チェーザレ 破壊の創造者

惣領 冬実 / 講談社


チェーザレ・ボルジアには全然詳しくなく、まずは‘毒薬’‘って事が一番に思い浮かびます。
かなりゆっくりな進行で、8巻現在、チェーザレは17歳。
お得意の‘毒薬’もまだ全く出てきません。

貴族、そして枢機卿の子として生まれ、支配者となるべく教育され、8巻現在までに二十歳にもなっていないチェーザレが
傲慢な部分もありながらも、本気で庶民の暮らしを考えたり(!)、ボルジア家の繁栄を考えたりしながら‘政治’をしていく様や思想や理想を語る様にはホレボレして、この先の展開が楽しみです。

とりあえず、チェーザレはカッコいいっ!!!
史実でも超美男子だったそうですが、とにかく全てがカッコいいっ♡
緻密な絵も素晴らしい!!!
それだけでも、読む価値あるかも。

が、歴史的説明が詳しく長く続いたりして、難しい。
人の名前も難しいのでたまに出てくる人物をすぐ忘れるw
二度三度と読み直さないと全部は理解できないと思います。

不定期掲載、ゆっくりとした展開。
いくつまでのチェーザレを描くのかは判りませんが、終わるまでにあと10年以上はかかりそうな感じがするな~。
少しづつ、買い揃えていこうかな~。

c0029442_154118.gif


惣領 冬実と言えば少女マンガ家ですが、いつのまにか青年誌に移籍してたんですね(@_@)
その他、青年誌で描いている少女マンガ家はどんどん増えてますね。
羽海野チカも青年誌と少年誌の中間位の雑誌に将棋マンガを描いてるし。。。

それと言うもの、本屋でつらつらとマンガ雑誌を見ると、少女マンガ雑誌の劣化は酷い気が。。。(-_-)
主婦マンガ雑誌ってジャンルも出来てるようで、表紙だけ見ても、なんだかな~困ったな~って感じ。

c0029442_1543445.jpg

[PR]
by whitefield_m | 2010-12-22 00:43 | 映画・本・TV | Comments(0)

インスタグラムと連動しました。


by maki
プロフィールを見る
画像一覧