武士の家計簿

c0029442_150218.jpg
良い映画でした。
結構淡々とした展開だし、面白いっ!って映画ではないですが、しみじみと良い映画でした。
何よりも…贅沢や見栄はなくして、質素・工夫・倹約しなきゃ!って思わせてくれる映画でした。

当り前ですが、お侍にも色々な役職があり、主人公(堺雅人)の家は藩の‘御算用職(会計・経理)’を代々務める家系。
仕えていたのは加賀百萬石。
100万石の会計・経理は大変だったでしょうね、常に150人ほどの御算用者が居たそうです。

色々な役職や仕事風景を見ながら、武士の世界は現代のサラリーマンと同じ仕組みなんだな~と。。。
他にどんな役職があったんだろう?と興味津々になりました。

朝、奥さんの作ったお弁当を持ってお城へ行き、人のお弁当の中身を気にしつつ同僚と昼食を食べ、食後は碁や噂話をしたり・・・と、
チャンバラではない時代劇をもっと見たくなりました。

松坂慶子が可愛い♪
特別に演技の上手い人ではないけれど、良い女優さん♪
堺雅人や中村雅俊も良い味出してました。

堺の息子役の子役も良かったんですが、大きくなってからの息子役が・・・ちょっと(-_-)
特に、その息子役が語りべだったのは、かなりの失敗かと。
重要な役から脇役も皆が良かっただけに、残念でした。


c0029442_1372367.gif


チケットが当たり見に行った映画でしたが、カードを持ってるTOHOで見たのでポイントまで付いて、超ラッキー♪
二重に嬉しかったわ♪

c0029442_1263286.gif

[PR]
Commented by nori at 2010-12-16 10:08 x
レビューありがとうございます。
お家騒動とかあるのかな~と思っていましたが、ホームドラマみたいな感じなのかしら?
地味目な映画なので旦那さんは全く興味がなく、DVDになったら借りて見ようと思います。
Commented by whitefield_m at 2010-12-17 14:24
noriさん。
はい、ホームドラマに近い感じですね。
地味な映画のわりには中々にお客さんが入っている様で、何だか嬉しいです。
家計の赤字が判ってから、工夫や倹約する様子などが面白かったので、話を膨らまして連ドラにしても面白いかも?って思いました。
当然ですが、時間の制約で原作からかなり端折られてるそうなので。
by whitefield_m | 2010-12-14 00:30 | 映画・本・TV | Comments(2)

インスタグラムと連動しました。


by maki
プロフィールを見る
画像一覧