のだめ オペラ篇

本編は終わりましたが、すぐにオペラ篇が始まり、24巻が発売されました。
のだめも千秋も色々悩みまくるヨーロッパ編も好きだったのですが
オペラ篇ではのだめが始まった当初の様な・・・おばかなノリがすっごい楽しくて、何度も読み返したのでした(^^♪
舞台が日本だとこんなに変わってくるんだ?って思いましたね。
っていうか、日本人のキャラが面白いのかも?

オペラ篇は完全に千秋先輩が主役みたいで、のだめがあまり出てこないし
のだめの活躍もエリーゼのセリフでしか判らないのが残念ですが、想像した以上に世界で活躍してるみたいで良かったです。
その割に、のだめのキャラやテンションに変わりがないのも面白い。
のだめが先輩の美人な幼馴染よりもブー子の方に嫉妬してるのも可笑しい^m^


24巻がとっても面白かったんで、手近にあった21巻辺りから読み返してみたんだけど
当時は地味でスカ~としないな~と思っていたけれど、改めて読み返すと良く出来てるなあ~と思った。
面白かったかどうかは別にして。
[PR]
by whitefield_m | 2010-05-03 16:35 | 映画・本・TV