お彼岸の桜

c0029442_1522482.jpg

子供の頃、この桜の下で毎年お花見をしていました。



朝からは実家の方の御参りに。
どうしてもと勧められて、直会(なおらい)まで参加した為に長いをしてしまった。

お昼をとうに過ぎてから、旦那さんの父母の御参りに。
御経などはすでに終わり、見慣れぬ御坊様の御説法が有っていました。
高名な御坊様なのかな?

電器屋さんに寄り道後、父のお見舞いに。
直会で頂いた‘おはぎ’をあげると、本当に美味しそうに食べていました。

まあ、あれこれ思う事もあり、去年秋の御彼岸は実家の方だけの御参りでしたが
旦那さんの家のお寺の方にも同じ様に御参りするべきだよね。

夕方、子供の送り迎えがあるのでバタバタと家に帰ると、後を追うように旦那さんが帰ってきた。
早く帰ってくるなら、お寺に行くくらいしても良いのに。

「今日御参りに行かなきゃいけないなんて、知らんよ。」って旦那さん。
「いや・・今日は全国的にお彼岸なんだけど。」
「言われなきゃ、判らない。」

自分のお父さんお母さんの命日も憶えていないし
私が先に亡くなったら、御彼岸にも命日にも御参りしてくれなさそうな旦那さんで、悲しいな~。

っていうか・・・もし私が旦那さんより先に亡くなったら、実家の納骨堂へ納めてもらいたいって思っているんだけど(笑)
旦那さんに前もって言ったら機嫌が悪くなりそうなので、子供に遺言しておこう(爆)
[PR]
by whitefield_m | 2010-03-21 23:52 | 日々のあれこれ