セット

インスリンを初めて見た時、「へ~ こんなんなんだ~!」って珍しかったので、UPしてみよう(笑)

まず、インスリンが入ってる携帯ケース。
高級なペンケースみたいです。
c0029442_1591396.jpg


フタを開けた所。
インスリン自体もペンタイプになっていて、大きさも丁度ペン位です。
c0029442_1592654.jpg


キャップを開けたら注射器みたいですが、先に使い捨ての針を付けて食前に打ちます。
(針はなぜか無料です)
c0029442_1594784.jpg
血糖値の高さの平均で打つ量が決められますが、旦那さんだとこの量で2週間分くらいなのかな。


そして、血糖値を測る器具セット。
c0029442_201484.jpg
指の先に針を刺し、器具に取り付けた試験紙に血液を吸わせて数値を測ります。
食前と食後2時間後に測り、ノートに記入して診察日にお医者に見せます。


消毒綿と使用済みの針。
針は医療廃棄物なので、病院に渡す決まりです。
c0029442_202911.jpg



血糖値を記入するノートと患者手帳。
c0029442_204158.jpg



全て一式をバッグに詰めて、いつも持って歩いている旦那さんです。
c0029442_205987.jpg



なんか、慣れてきちゃって・・
「食後ならインスリンが効いてるから、OK!」とか言って、お菓子も食べてます(^_^;)
でも、圧倒的に食べる量が減りました。
間食は一切していないそうです。

旦那さんが「いつまで、インスリンを打てばいいんだろう?!」っていつも言ってますが
本当に、いつまで打つんでしょうね?

インスリン治療と食事療法はかなり順調みたいで、今後は低血糖の注意が必要みたいです。
お義母さんも低血糖で時々病院に運ばれていました。
お年寄りの低血糖は恐かったです。
[PR]
by whitefield_m | 2010-01-05 18:13 | 日々のあれこれ | Comments(0)