クローン、感想。

まずは無音で始まりましたが、最後まで静かな映画でした。
開始5分経たない内に、涙。。。
重い雰囲気で始まります。

思ったのは・・・
無神論者だったり、魂や輪廻転生を信じていない人にとっては、無意味で理解できない映画だろうという事。
映画の登場人物にも出てきます。

‘魂’や魂の入れ物である‘肉体’についての深い部分が、クローンを通して描かれている映画です。


ラスト、二体目のクローンと魂は おそらく融合したんだろう・・と思います。
ある意味、ハッピーエンドの様にも感じました。

最初に誕生したクローンは可哀想でしたね。


みっちーが出演していなければ、見に行っていない映画ですが
見て良かった・・と思います。
難しい部分もあり、もう一度見たいけど~~~。。。


***

華やかなみっちーはいませんでしたが、みっちーの本質に近いような役だったかもしれません。

幼いクローン一号が嫌いな人参を無理に食べるのが、可愛くて可哀想でした。
みっちー、ああいうの上手です。
[PR]
by whitefield_m | 2009-06-30 18:03 | 映画・本・TV | Comments(0)

インスタグラムと連動しました。


by maki
プロフィールを見る
画像一覧